最新記事一覧

先生と私

  • 夏目漱石

私はその人を常に先生と呼んでいたブログのサンプル文章として版権切れの小説を表示しています。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚かる遠慮というより...

両親と私

  • 夏目漱石

宅へ帰って案外に思ったのは、父の元気がこの前見た時と大して変っていない事であったブログのサンプル文章として版権切れの小説を表示しています。「ああ帰ったかい。そうか、それでも卒業...

小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です

  • 宮沢賢治

五月二疋の蟹の子供らが青じろい水の底で話していました。『クラムボンはわらったよ。』『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』『クラムボンは跳ねてわらったよ。』『クラムボンはかぷかぷわ...

八月の半ばごろになって、私はある朋友から手紙を受け取った

  • その他

その中に地方の中学教員の口があるが行かないかと書いてあった。ブログのサンプル文章として版権切れの小説を表示しています。この朋友は経済の必要上、自分でそんな位地を探し廻る男であっ...

九月始めになって、私はいよいよまた東京へ出ようとした

  • 夏目漱石

ブログのサンプル文章として版権切れの小説を表示しています。私は父に向かって当分今まで通り学資を送ってくれるようにと頼んだ。「ここにこうしていたって、あなたのおっしゃる通りの地位...

私のために赤い飯を炊いて客をするという相談が父と母の間に起った

  • 夏目漱石

ブログのサンプル文章として版権切れの小説を表示しています。私は帰った当日から、あるいはこんな事になるだろうと思って、心のうちで暗にそれを恐れていた。私はすぐ断わった。「あんまり...

いつの頃であつたか

  • 森鴎外

多分江戸で白河樂翁侯が政柄を執つてゐた寛政の頃ででもあつただらう。智恩院の櫻が入相の鐘に散る春の夕に、これまで類のない、珍らしい罪人が高瀬舟に載せられた。それは名を喜助と云つて...

私は母を蔭へ呼んで父の病状を尋ねた

  • 夏目漱石

ブログのサンプル文章として版権切れの小説を表示しています。「お父さんはあんなに元気そうに庭へ出たり何かしているが、あれでいいんですか」「もう何ともないようだよ。大方好くおなりな...

暫くして、庄兵衞はこらへ切れなくなつて呼び掛けた

  • 森鴎外

「喜助。お前何を思つてゐるのか。」「はい」と云つてあたりを見廻した喜助は、何事をかお役人に見咎められたのではないかと氣遣ふらしく、居ずまひを直して庄兵衞の氣色を伺つた。庄兵衞は...

父は明らかに自分の病気を恐れていた

  • 夏目漱石

ブログのサンプル文章として版権切れの小説を表示しています。しかし医者の来るたびに蒼蠅い質問を掛けて相手を困らす質でもなかった。医者の方でもまた遠慮して何ともいわなかった。父は死...